トップ > 記念メダル > 長崎と天草地方潜伏キリシタン関連遺産世界文化遺産登録記念

長崎と天草地方潜伏キリシタン関連遺産世界文化遺産登録記念

全5件

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 世界文化遺産登録記念

 キリスト教が禁じられていた17〜19世紀の日本において、潜伏キリシタンが信仰を続けたあかしとなる「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、待望の文化遺産として世界遺産に登録されました。
 この輝かしい世界遺産登録を記念するとともに、登録に尽力された人々の功績を讃える記念メダルを、謹製発行いたすことになりました。
 記念メダルの意匠は、国宝として有名な大浦天主堂の外観を描き、裏面に、日本之聖母を謹刻いたしました。
 歴史的意義ある記念メダルと存じます。お早めにお申込みくださいますよう、謹んで、ご案内申し上げます。